ねんきん定期便

年金

年金いくらもらえる?「ねんきん定期便」が届いたら見たい箇所

「ねんきん定期便」は、国民年金や厚生年金に加入している人に対し、日本年金機構から毎年誕生月に届く通知書である。通常はハガキ形式で送られてくるが、35歳、45歳、59歳の節目年齢には、封書により詳細な情報が送られてくる。注目すべき主なチェックポイントは、「年金の加入期間」「年金の支給開始年齢」そして「年金見込額」だ。

50歳以上と50歳未満では、記載内容の一部に違いがある。

50歳未満の人に届くねんきん定期便の「年金見込額」は、現時点までに納めた保険料に基づく見込みの年金額が記載されているため金額はかなり低めだ。今後、保険料を払い続けていけば年金額は上がっていくことになる。一方、50歳以上の人に届くねんきん定期便の「年金見込額」は、現時点の加入状況のままで原則60歳まで年金加入を続けたと仮定した場合の見込み年金額が記載れている。そのため、仮定通りでいけば、実際に受け取れる年金額とかなり近い金額を確認することができる。

ただ、50歳未満と50歳以上のいずれでも記載されていない内容がある。受給要件があるのですべての人が該当するわけではないが、加給年金、振替加算、厚生年金基金の代行部分、そして60歳以降に納める予定の年金部分などは掲載されていない。

なお、自分の年金見込額を確認したい場合は、ねんきん定期便だけではなく、「ねんきんネット」も活用できる。登録手続きをすることで、インターネットを通じていつでも加入状況をチェックできる。

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ